認定補聴器専門店
鹿児島補聴器センター

選ばれ続ける理由
補聴器はアフターメンテナンスなくして成り立ちません。
「もう少し人の声を大きくしたい」
「車の音が気になるから調整して欲しい」など

実際の生活の中で使ってみると色々と要望が出てくると思います。
また年齢を重ねるとともに体力、足腰が弱ってきますよね。聴力も同様に年月をかけ変化していくものです。装用環境の変化や経験が伴うにつれ、お客様のご要望・思いを聞きながら、微調整を行う必要があるのです。
補聴器の効果を最大限に活かすためには、アフターサービスの体制に大きく左右されます。
お客様とお店の互いが良きパートナーとなれるよう、当店との二人三脚にご協力をお願いします。
『聞こえを解決して、今よりも安心できる生活をお届けすること』
それが私たちプロの役目だと思っております。

ユーザーの声

『補聴器こそ我が命』 小原幸子さん
度々補聴器センターにお伺いし、ご親切に調整していただいたある日、静かな通りに出ましたら、ソヨソヨと風のささやくような音を耳に感じ、あゝ!!今まで久しく忘れていた、優しいおだやかな気持ちに包まれました。ほんとにいろいろ異なった音の世界の中で生活していることを、今更のように実感しました。
地区の公民館でコーラスを始めて十年位になりますが、いつの頃からか、休憩時間など、みんなと話の輪の中に溶け込めないことが多々ありました。でも最近では、とても楽しく話の輪の中に入れて、“これも補聴器のおかげなの”と耳から外してみんなに自慢する程です。
今や私にとりまして、補聴器は朝の七時から夜休むまで、私の体の一部になっています。補聴器なしの生活は片時も出来ません。ほんとによかったと、一日のうちに何度も何度も感謝致しております。
ありがとうございます。

『音のある世界を求めて』 寺師護さん
「講演の内容がわかる。理解できた」
某日ある講演会に行き、補聴器の具合を確かめた時の装着実感です。性能の素晴らしさを痛感しました。
現在使用の補聴器は、以前のものと違い抜群の性能の持ち主。しかし、この良さも、何回もの、いや何日もの紆余曲折があってのこと。装用して「音」としては、鳥のさえずり、車の騒音、風の音など良く聞こえたりするのですが、人の声は聞こえていても、言葉がはっきり理解できません。
最終的には「音」として聞こえていても、「ことばの理解度の聞こえ」に問題のあることがわかり、検査してもらい、「音とことばの調整」で、人のことばもわかるようになりました。このことから、装着の記録をとり、違和感があれば店に出向く、の繰り返しで満足するものに少しずつ少しずつ近づけました。
この補聴器に出会えたことに感謝し、これからも頼もしいパートナーの方と二人三脚で、「ことばのある世界」を求め歩みつづけたいと思っています。

お客様のための「定期巡回」

「お店に行きたいけれど都合が悪くて・・・。」
「遠くに住んでいるから自宅に来て欲しいんですけど・・・。」など

ご来店いただけないお客様のために、無料にて出張訪問をしております。デイケア施設などにも出張しておりますので、些細なことでもお気軽にご相談くださいね。

毎週巡回しています!
月曜日
枕崎、坊津、川辺、知覧方面
水曜日
指宿、山川、開聞、頴娃、喜入方面
木曜日
県立鹿児島聾学校
金曜日
加世田、笠沙、大浦、金峰、吹上方面

上記に記載のない地域の方もお気軽にお問い合わせください。
お伺いできる範囲で出張訪問させていただきます。遠方のため、万全なアフターサービスが困難であると判断した際には、お断りせざる得ないこともございます。何卒、ご了承ください。
店舗には専門スタッフが常駐しておりますので、安心してご来店くださいね。

スタッフのご紹介
(スタッフの想いへ)
お問い合わせ
099-257-1544(9:00〜17:30)
日曜日も営業中!
出張訪問もご相談くださいね。ページのTOPへ